ひらめき相互リンク・ブログについてのコメント随時受付中!!ひらめき
コチラからお願いします。

RSS表示パーツ

2009年07月03日

俊輔移籍に刺激受けた!小野が活躍誓って出国

 ブンデスリーガ3季目のシーズンに向けて、ボーフムの元日本代表MF小野伸二(29)が26日、成田発の航空機でドイツへ旅立った。「3年目だしチームの中心として活躍したい。1年を通して活躍して、そのとき(W杯が)ついてくれば…」とW杯南ア大会への思いも口にした。4月18日に負傷した右ひざじん帯も完治し、真っ黒に日焼けした肉体が調整の順調さをうかがわせた。メンタル面ではエスパニョール移籍が決定した中村俊輔が刺激になった。「僕としてはそうなってほしいと思っていた。絶対活躍できるし(日本に)戻って来るのはもったいないと。今度、遊びに行きたいですね」と話した。

足プレースタイル足

「ボールと会話できる選手」と言われるほどテクニックの高さには定評があり、サッカー選手達から天才と賞賛される選手である。おそらく、現役日本人選手において、最も「天才」の名がふさわしい選手であろう。 利き足に持ち替えようとする動きはほとんど見られず、右足、左足遜色なく高い精度のシュートやボレー、クロスを蹴ることができる上、細かなボールタッチからみせる巧みなドリブルやワンタッチで相手をかわすなどのプレーを簡単にこなす。ダイレクトプレーの判断力が高く、ワンタッチ、ツータッチでテンポよくゲームをコントロールする。 自伝で述べているように、そのテクニックは少年期よりボールの1人壁打ちや、ボールリフティングにより磨かれたボールテクニックの賜物であり、様々な質のボールを無尽蔵に繰り出す力量は同世代の小笠原満男(鹿島アントラーズ所属)をして「なんなんだ、あいつは」(ユース時代の目撃証言)と言わせるほどである。
「豪快なシュートより技ありのシュートが好き」と話すように、ループシュートのようにキーパーの意表をつきタイミングを外すようなシュートが得意。ペナルティエリアの外からゴール隅をふわりと狙う独特のミドルシュートは、フェイエノールト所属当時月間ベストゴールにも選ばれている。きわめて客観的な視点から繰り出すラスト・パスは日本国内で「エンゼルパス」と呼ばれている。またそのベルベット織の絨毯のような柔らかな触感のボールタッチを評してオランダのメディアでは「ベルベット・パス」と評されていた。

オランダ移籍以前は、攻撃的ポジションであるトップ下でよく得点に絡んでいたが、フェイエノールトではチーム事情もあってボランチの位置で起用され、視野の広さを生かして「ベルベット・パス」とも称される正確なパスを供給しゲームを作った。このレジスタ的ポジションの経験はパスセンスに更なる磨きを掛けた。足元のテクニックが高い反面、運動量の少なさや守備面の課題が指摘されていたが、フェイエノールト時代のボスフェルトとの連携に見られるように、攻撃面はもちろん、守備面でも成長を見せた。

ひらめきコメントひらめき
怪我が多くてチームでも代表でも名前を聞くことが最近ありませんが、同世代としては復活してほしいと
心待ちにしています。

テクニック、視野の広さなど世界レベルではあるのですが、
やさしすぎるのかメンタルが少し弱い感じがします。

*厳しいコメントになってしまいましたが浦和に入団時、フェイエノールト、ボーフムすべてで応援しているだけに期待を込めてなので悪気はありません。

黄金世代(稲本、小笠原、本山、明神、宮本、柳沢、高原)の代表復活も期待したいものです。



posted by ピペコ at 10:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

主な新規加入選手・監督リスト(6月) 2009-2010シーズン

6月の移籍市場の主役は、何と言ってもレアル・マドリーだろう。フロレンティーノ・ペレスが会長に返り咲いた“白い巨人”は、かつての“銀河系軍団”の再現とばかりに大型補強を敢行。ミランからカカを史上3番目の移籍金となる6800万ユーロ(約93億円)で獲得すると、マンチェスター・ユナイテッドからは史上最高額の8000万ポンド(約127億円)でクリスティアーノ・ロナウドを手に入れた。無冠に終わった昨シーズンの悔しさを晴らすべく、ビジャレアルから引き抜いたマヌエル・ペジェグリーニ監督に新生レアル・マドリーを託す。

 同じく積極的な動きを見せているのは、昨季はボルフスブルクの後塵を拝し、2位に終わったバイエルンだ。シュツットガルトからマリオ・ゴメス、ハンブルガーSVからイビツァ・オリッチ、ヘーレンフェーンからダニエル・プラニッチと、攻撃的な選手の補強が目立っている。

 海外でプレーする日本人選手の中では、3人が新天地へと旅立った。セルティックで4シーズンを過ごした中村俊輔は、かねてあこがれていたスペインリーグへ。バルセロナとホームタウンを同じくするエスパニョルで新たなるチャレンジに臨む。
 フランスでは、松井大輔が1シーズンでサンテティエンヌを去り、グルノーブルへ移ることを決断した。フランクフルトの稲本潤一は、リーグアンのレンヌへ移籍。01年にアーセナルに加入して以来、7チーム目の海外クラブとなる。また、ボルフスブルクの大久保嘉人は、わずか半年で古巣の神戸へ復帰することとなった。

 6月末までに決定した、欧州における主な移籍選手は以下の通り。


■イングランド
<マンチェスター・ユナイテッド>
アントニオ・バレンシア ←(ウィガン/イングランド)
<リバプール>
グレン・ジョンソン ←(ポーツマス/イングランド)
<チェルシー>
カルロ・アンチェロッティ(監督)
<アーセナル>
トーマス・フェルメーレン ←(アヤックス/オランダ)
<フラム>
スティーブン・ケリー ←(ストーク・シティ/イングランド)
<ウェストハム>
ルイス・ヒメネス ←(インテル/イタリア)
<マンチェスター・シティ>
ギャレス・バリー ←(アストン・ビラ/イングランド)
ロケ・サンタクルス ←(ブラックバーン/イングランド)
スチュアート・テイラー ←(カーディフ・シティ/イングランド)
<ウィガン>
ヨルディ・ゴメス ←(スウォンジ・シティ/イングランド)
ロベルト・マルティネス(監督)
<ボルトン>
ショーン・デイビス ←(ポーツマス/イングランド)
<ブラックバーン>
ラース・ヤコブセン ←(エバートン/イングランド)
エルリオ・ファン・ヘールデン ←(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
<サンダーランド>
スティーブ・ブルース(監督)
<バーミンガム>
クリスチャン・ベニテス ←(サントス・ラグーナ/メキシコ)
ジョバンニ・エスピノサ ←(バルセロナ/エクアドル)
<バーンリー>
タイロン・ミアーズ ←(マルセイユ/フランス)

■イタリア
<インテル>
ディエゴ・ミリート ←(ジェノア/イタリア)
チアゴ・モッタ ←(ジェノア/イタリア)
ロベルト・アクアフレスカ←(カリアリ/イタリア)
<ユベントス>
ファビオ・カンナバーロ ←(レアル・マドリー/スペイン)
ジエゴ ←(ブレーメン/ドイツ)
<ミラン>
イグナツィオ・アバテ ←(トリノ/イタリア)
ダビデ・ディ・ジェンナーロ ←(レッジーナ/イタリア)
ジャンマルコ・ジゴーニ ←(トレビーゾ/イタリア)
レオナルド(監督)
<ジェノア>
エルナン・クレスポ ←(インテル/イタリア)
セルジオ・フロッカリ ←(アタランタ/イタリア)
ペレ ←(インテル/イタリア)
<ローマ>
ステファノ・グベルティ ←(バーリ/イタリア)
<ウディネーゼ>
ベルナルド・コッラーディ ←(レッジーナ/イタリア)
<ラツィオ>
エリセウ ←(マラガ/スペイン)
アルバノ・ベンハミン・ビサーリ ←(カターニア/イタリア)
ダビデ・バッラルディーニ(監督)
<アタランタ>
シモーネ・ティリボッキ ←(レッチェ/イタリア)
アンジェロ・グレグッチ(監督)
<ナポリ>
ファビオ・クアリャレッラ←(ウディネーゼ/イタリア)
モルガン・デ・サンクティス ←(ガラタサライ/トルコ)
<サンプドリア>
ルイジ・デル・ネーリ(監督)
<シエナ>
フランチェスコ・パッラビチーニ ←(アタランタ/イタリア)
<カターニア>
ジェンナーロ・デルベッキオ ←(サンプドリア/イタリア)
ジョゼッペ・ベルリッシ ←(アスコリ/イタリア)
アンドレア・カンパニョーロ ←(レッジーナ/イタリア)
ジャンルカ・アツォーリ(監督)
<バーリ>
ジャン・ピエロ・ベントゥーラ(監督)
<パルマ>
マヌエル・コッポラ ←(シエナ/イタリア)

■スペイン
<レアル・マドリー>
クリスティアーノ・ロナウド ←(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
カカ ←(ミラン/イタリア)
ラウル・アルビオル ←(バレンシア/スペイン)
マヌエル・ペジェグリーニ(監督)
<アトレティコ・マドリー>
フアニート ←(ベティス/スペイン)
レアンドロ・カブレラ ←(デフェンソール・スポルティング/ウルグアイ)
<バレンシア>
ジェレミー・マテュー ←(トゥールーズ/フランス)
<デポルティボ>
ジュカ ←(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
ブラヤン・アレクシス・アングロ ←(レイソエス/ポルトガル)
<マラガ>
フアン・ラモン・ムニス←(ラシン/スペイン)
グスタボ・ムヌーア ←(デポルティボ/スペイン)
<エスパニョル>
中村俊輔 ←(セルティック/スコットランド)
ベン・サハル ←(チェルシー/イングランド)
ジョアン・ベルドゥ ←(デポルティボ/スペイン)
<アルメリア>
ファビアン・バルガス ←(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
<ラシン>
ファン・カルロス・マンディア(監督)
<ビルバオ>
ディアス・デ・セリオ ←(ソシエダ/スペイン)
<スポルティング・ヒホン>
アルベルト・リベラ ←(ベティス/スペイン)
グレゴリー・アルノラン ←(ビトリア・ギマランエス/ポルトガル)
<バジャドリー>
アントニオ・バラガン ←(デポルティボ/スペイン)
<ヘタフェ>
マネ ←(アルメリア/スペイン)
<サラゴサ>
ペテル・リュクサン ←(ラシン/スペイン)

■ドイツ
<ボルフスブルク>
アルミン・フェー(監督)
トーマス・カーレンベルク ←(オセール/フランス)
<バイエルン>
マリオ・ゴメス ←(シュツットガルト/ドイツ)
イビツァ・オリッチ(ハンブルガーSV/ドイツ)
ダニエル・プラニッチ(ヘーレンフェーン/オランダ)
エドソン・ブラーフハイト ←(トゥエンテ/オランダ)
アナトリー・ティモシュク ←(ゼニト・サンクトペテルブルク/ロシア)
アレクサンダー・バウムヨハン ←(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
ルイス・ファン・ファール(監督)
<ハンブルガーSV>
ブルーノ・ラバディア(監督)
<ドルトムント>
ディミタル・ランゲロフ ←(コットブス/ドイツ)
<ホッフェンハイム>
フランコ・スクリーニ ←(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
マイコスウェル ←(ボタフォゴ/ブラジル)
ヨシップ・シムニッチ ←(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
<シャルケ04>
フェリックス・マガト(監督)
<レバークーゼン>
ユップ・ハインケス(監督)
サミ・ヒーピア ←(リバプール/イングランド)
<ブレーメン>
マルコ・マリン ←(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
マルセロ・モレノ・マルティンス ←(シャフタル・ドネツク/ウクライナ)
<ハノーファー96>
カリム・ハギ ←(レバークーゼン/ドイツ)
<ケルン>
ズボニミール・ソルド(監督)
<フランクフルト>
ミヒャエル・スキッベ(監督)
<メンヘングラッドバッハ>
ファン・アランゴ ←(マジョルカ/スペイン)

■フランス
<ボルドー>
セドリック・カラッソ ←(トゥールーズ/フランス)
<マルセイユ>
ルイス・ゴンサレス ←(FCポルト/ポルトガル)
ディディエ・デシャン(監督)
<リヨン>
サンディ・パイロ ←(グルノーブル/フランス)
<トゥールーズ>
ヨアン・プレ ←(ル・マン/フランス)
パウロ・マシャド ←(サンテティエンヌ/フランス)
<リール>
ピエール・エメリク・オーバメヤン ←(ディジョン/フランス)
ミカエル・ランドロー ←(パリ・サンジェルマン/フランス)
<パリ・サンジェルマン>
グレゴリー・クーペ ←(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イ・グノ ←(ジュビロ磐田/日本)
<レンヌ>
稲本潤一 ←(フランクフルト/ドイツ)
フレデリック・アントネッティ(監督)
<オセール>
アレクサンドル・リカタ ←(モナコ/フランス)
<モナコ>
ジミー・トラオレ ←(バーミンガム/イングランド)
ギー・ラコンブ(監督)
<グルノーブル>
松井大輔 ←(サンテティエンヌ/フランス)
ダビド・ソージェ ←(サンテティエンヌ/フランス)
<ル・マン>
ディディエ・オボノ ←(ディナモ・トビリシ/グルジア)
パウロ・ドゥアルテ(監督)

■オランダ
<AZ>
ロナルト・クーマン(監督)
<トゥエンテ>
ニッキー・カイペル ←(フィテッセ/オランダ)
<アヤックス>
マルティン・ヨル(監督)
<PSV>
オルランド・エンゲラール ←(シャルケ04/ドイツ)
フレッド・ルッテン(監督)
<ヘーレンフェーン>
ミハル・パパドプロス ←(ムラダー・ボレスラフ/チェコ)
<ユトレヒト>
ヤン・ワイテンス ←(ヘラクレス/オランダ)

■ポルトガル
<FCポルト>
アルバロ・ペレイラ ←(クルージュ/ルーマニア)
マイコン ←(クルゼイロ/ブラジル)
<スポルティング・リスボン>
マティアス・フェルナンデス ←(ビジャレアル/スペイン)
<ベンフィカ>
ハビエル・サビオラ ←(レアル・マドリー/スペイン)
ホセ・アルベルト・シャフェル ←(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
パトリック ←(サン・カエターノ/ブラジル)
ジョルジュ・ジェスス(監督)
<スポルティング・ブラガ>
アンヘロ・ペーニャ ←(エストゥディアンテス・デ・メリダ/ベネズエラ)
フェルナンド・アレクサンドレ ←(エストレラ・ダ・アマドーラ/ポルトガル)
ドミンゴス・パシエンシア(監督)

■スコットランド
<セルティック>
トニー・モウブレイ(監督)
<アバディーン>
マーク・マッギー(監督)
<ダンディー・ユナイテッド>
クリス・ケースメント ←(ウィコム・ワンダラーズ/イングランド)
<ハイバーニアン>
ジョン・ヒューズ(監督)

■ロシア
<ルビン・カザン>
ラファル・ムラブスキ ←(レフ・ポズナニ/ポーランド)

■ウクライナ
<ディナモ・キエフ>
レアンドロ・アウメイダ ←(アトレティコ・ミネイロ/ブラジル)

■トルコ
<ガラタサライ>
ギョクハン・ザン ←(ベシクタシュ/トルコ)
フランク・ライカールト(監督)
<フェネルバフチェ>
メフメト・トプズ ←(カイセリスポル/トルコ)
<トラブゾンスポル>
ウーゴ・ブロース(監督)
<ベシクタシュ>
ミヒャエル・フィンク ←(フランクフルト/ドイツ)
ニハト ←(ビジャレアル/スペイン)

■ギリシャ
<パナシナイコス>
ジブリル・シセ ←(サンダーランド/イングランド)
コスタス・カツラニス ←(ベンフィカ/ポルトガル)
<オリンピアコス>
オロフ・メルベリ ←(ユベントス/イタリア)
<PAOKサロニカ>
ブルーノ・チリッロ ←(レッジーナ/イタリア)

■セルビア
<レッドスター・ベオグラード>
ブラディミール・ペトロビッチ(監督)
<パルチザン・ベオグラード>
ムラデン・クルスタイッチ ←(シャルケ04/ドイツ)

■クロアチア
<ディナモ・ザグレブ>
ディミトリオス・パパドプーロス ←(レッチェ/イタリア)

■ルーマニア
<ステアウア・ブカレスト>
クリスティアーノ・ベルゴディ(監督)
<ディナモ・ブカレスト>
ダリオ・ボネッティ(監督)

■ハンガリー
<フェヘールバール>
ローター・マテウス(監督)

■スイス
<ルツェルン>
ハカン・ヤキン ←(アル・ガラファ/カタール)

■アルゼンチン
<ボカ・ジュニアーズ>
アルフィオ・バシーレ(監督)

■カタール
<アル・ガラファ>
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ ←(リヨン/フランス)

■ウズベキスタン
<ブニョドコル>
ルイス・フェリペ・スコラーリ(監督)

posted by ピペコ at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また超大物獲り!仏代表ベンゼマもレアルへ

サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードがフランス代表FWベンゼマ(22)をフランス1部リーグのリヨンから獲得したと1日、スペインのメディアが報じた。移籍金は3500万ユーロ(約47億円)。

 レアル・マドリードは今オフ、ブラジル代表のカカやポルトガル代表のロナルドら大物選手を次々と獲得している。

足プレースタイル足

豪快なシュートと繊細な技巧を兼ね備えたフォワード。
センターフォワード(CF)の他にも右ウイング(RWF)として機能する。シュート力は世界トップレベルで、また恐れを知らない豪快な突破はチームにとっても大きな武器である。このプレースタイルから、「ダヴィド・トレゼゲの後継者」と呼ばれる。

CFでありながら「ジダンのようだ」と絶賛されるボールスキルも彼の武器の一つである。
セカンドトップの位置からドリブルで仕掛ける形を最も得意とし、豪快なミドルシュートも決める。また、視野の広さとゲームコントロールの能力もあることから"9.5番"(ストライカーである9番とゲームメイカーである10番の中間)と元ACミランのストライカー、マルコ・シモーネはコメントしている。子供のころからのアイドルはロナウドで、自宅には無数のヴィデオを所有する。ルーニーやロナウドの様なことをやってのけるほか、典型的CFのようなダイレクトプレーも得意で、プレーに柔軟性がある選手である。
手の使い方がうまく、易々とボールを献上しない。
かつてリヨンのストライカーで現FWコーチのソニー・アンデルソンはベンゼマについて「ポジショニング、プレッシングにおける冷静な判断力について完璧な才能を持っている」と2007年10月にコメント。ミシェル・プラティニも「ベンゼマの凄さはフィジカルでなくインテリジェンスにある」「ロナウド(元ブラジル代表)は、もはや古いタイプのストライカーと呼ばざるを得ない」とコメントするほど、その明晰さも評価されている。

ひらめきコメントひらめき
レアルですか〜右斜め下
個人的にはマンUに入ってカントナみたいになってほしかったなぁ
レアルは好きなんだけど、レアルのフロントのやり方は好きになれないなぁ
リベリーもレアルにいきたいって言っているみたいだし。。。

posted by ピペコ at 09:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今、流行っているみたいですね喫煙
ボクはタバコをやめて数年経ちますが、禁煙は最初は苦しかったです。
でも今思うとやめてよかったと思いますひらめき

それは吸っているときはおいしくタバコを吸うためにご飯を食べたり、
体調は悪くなりやすいし、風邪をひいたらメンソールを吸うなんてことをしていましたふらふら

今、考えると体によくないことをお金を払ってしていたことに
気がつきました。

電子たばこは吸い込むと水蒸気が発生し、実際に煙が吐き出せ、
擬似的にタバコを吸っている感覚になるものです。

結局は本人の意識次第で、何も使わずに禁煙できるのが一番
いいことなのですが、少しでも禁煙の手助けになるのならと思い 電子タバコをオススメしましたわーい(嬉しい顔)

いろいろな電子タバコサイトを調べて見ましたが安いものは変な味がしたり煙があまり出ないそうですよ手(パー)

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット

電子タバコ「Simple …

¥10,815(税込)

「シンプルだから低価格」「シンプルだからエコ」日本でも新たなブームとなった電子タバコを、より手軽に皆様にお届け…

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セットをカートに入れる


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。