ひらめき相互リンク・ブログについてのコメント随時受付中!!ひらめき
コチラからお願いします。

RSS表示パーツ

2009年07月30日

<Jリーグ>162人登録抹消 引退後は大学へ、初の2けた

サッカーJリーグでは08年オフから今季にかけ、最近5年間で最多となる162選手が所属クラブの登録を抹消された。選手の引退後の進路支援などを行うJリーグキャリアサポートセンター(CSC)は「経済情勢の悪化や新設されたアジア枠の影響もあった」と分析する。引退後の進路として大学進学を選ぶケースが増え、今年初めて2けたに達した。

 今春から明海大経済学部(千葉県浦安市)に通う岩田正太さん(21)は07年から2年間、J2草津でFWとしてプレーした。千葉・東京学館高時代は全国大会の経験はなかったが、草津の実技テストを受け、入団した。

 1年目はリーグ戦1試合に出場し、2年目は故障に苦しみ出場はなし。オフに契約を更新しないと通告された。就職などの当てもなく社会人として「何も通用しない」と途方に暮れる中、周囲の勧めでJリーグのトライアウトに参加。それが明海大スタッフの目に留まり、面接と実技による入試を経て進学の道が開けた。明海大は、CSCを通じてトライアウト見学を申し入れていた。

 市原(現千葉)でプロ経験のある明海大サッカー部の八津川義広監督(30)は「選手のセカンドキャリアは大事。他のチームに移れる選手は限られている」と、自身と似た境遇の岩田さんを誘った理由を話す。

 高評価を得て高卒後にプロ入りしても出場機会に恵まれず、伸び悩む選手は多い。4年後、大学を経てプロに入った選手と評価が逆転する例も少なくない。20歳前後の試合経験の少なさが「逆転現象」の理由で、日本サッカー協会、Jリーグとも改善へ知恵を絞っているのが現状だ。岩田さんは「もう一回、上(プロ)でやってみたい。それが無理でもサッカーにかかわる仕事をしたい。大学を卒業すれば無駄にならない」。こうした例は、今後も増えそうだ。【江連能弘】

 ◇Jリーグの引退選手

 09年のJリーグ登録選手数は1059人(2月2日現在)。CSCによると、このオフに登録を抹消された162選手のうち、67人が日本フットボールリーグ(JFL)や地域リーグへ移籍。そのほかはJクラブへの就職28人、就学11人など。CSCでは法大、吉備国際大、高松大と協定を締結し、指定校推薦のような形で入学にJリーガー枠を設ける例もある。引退年齢は平均26歳前後。

ひらめきコメントひらめき

活躍する選手がいれば、消えていく選手もいる。
プロの選手としては当たり前のことですが、さびしいことですね。

引退年齢は平均26歳前後とありますが、42歳で頑張っているカズも他の職業と比べるとまだまだ若いですし、若くして仕事がなくなってしまうのは怖いですね。
posted by ピペコ at 15:48| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

インテルのイブラヒモビッチ「バルサからのオファーは興味深い」

インテルのズラタン・イブラヒモビッチは、実現が近いと見られるバルセロナへの移籍について、素直に興味を示した。

 現在インテルの米国遠征に参加中のイブラヒモビッチは、加熱する報道の中での心境をこう述べた。
「僕は落ち着いているし、ストレスは全く感じていない。もしバルセロナが具体的なオファーを提示しているなら興味深いね。とはいえ、現時点では僕はインテルの選手だ。もし何も起きないなら、このチームでプレーを続けるよ」

 このスウェーデン代表ストライカーの移籍については、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が「すでにクラブ間では基本合意に達している」と認めており、「移籍金4500万ユーロ(約59億9000万円)にサミュエル・エトーの譲渡およびアレクサンドル・フレブの期限付き移籍を加えた条件で、イブラヒモビッチ獲得が実現する可能性が高い」ことを示唆している。

 なお2008−09シーズンまでは背番号8でプレーしていたイブラヒモビッチは、退団したアドリアーノが着けていた10番への変更を希望し、クラブ側もこれを了承した。だがイブラヒモビッチは結局、新シーズンこの背番号を身に着けることがないかもしれない。

足プレースタイル足


並外れたフィジカルに加え、スピード、繊細なボールコントロール技術も有しており、シュートやアクロバティックなプレーで数多くのゴールを量産する。ドリブルやトラップの技術も高く、極めて高いボールキープ力を誇る。最大の武器はその全てを高次元で融合させたポストプレーである。

一方で、彼の課題は感情のコントロールと言われ、気性の強さがマイナス方向に働く事も多かった。ユベントス所属時代には、厳格な指導で知られるファビオ・カペッロ監督の下、少しずつ改善の様子を見せており、インテル移籍後は、熱くなったチームメートを自ら制止するなど、以前のようにピッチ内外で問題を起こすことは少なくなってきている。しかし、その実力は下記の個人タイトルや“天才”の愛称からも見て取れるように確かであり、世界最高のセンターフォワード(ターゲットマン)とされるが、大舞台でのゴールの少なさから“ビッグマッチに弱い”との見方もある。

また近年はフリーキックの精度も上がっており、チームではゴール前のFKのキッカーをつとめている。

ひらめきコメントひらめき

イブラヒモビッチ=エトー+52億円っていう話が出ていますね。
バルサにイブラヒモビッチ、インテルにエトーどちらにしても面白いトレードですね。

posted by ピペコ at 19:39| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

コリンチャンスのロナウドがハットトリックの活躍

かつてバルセロナ、インテル、レアル・マドリー、ミランなど欧州のビッグクラブで活躍し、現在はブラジルのコリンチャンスでプレーしている“フェノメノ”(怪物の意味)の異名を持つFWロナウドは、9日に行われた国内リーグ戦のフルミネンセ戦でハットトリックを達成。ストライカーとしての存在感をあらためて見せつけ、けがからの完全復活を強く印象付けた。

 ロナウドはこの試合、守備の危うさを露呈したフルミネンセ相手に、その得点能力の高さをまざまざと見せつけた。
 前半24分にロナウドの先制点で口火を切ったコリンチャンスは、その5分後にデンチーニョ、さらにその6分後に再びロナウドが追加点を挙げ、前半で早くも3点のリードを奪い、試合の主導権を完全に握った。

 このままコリンチャンスのペースで進むかと思われた73分、コンカのゴールでようやく1点を返したフルミネンセは、さらにその6分後、コリンチャンスDFジエゴのオウンゴールによって1点差まで詰め寄ることに成功。流れがフルミネンセに傾きかけ、同点のムードが漂い始めたまさにその時、フルミネンセのエース、フレッジが不用意なプレーによって退場処分となった。そして85分、再びロナウドがダメ押しの1点を決めてハットトリックを達成。コリンチャンスが4−2でフルミネンセを退けた。

 今回の勝利によって5位に浮上したコリンチャンスとは対照的に、敗れたフルミネンセは15位と不振にあえいでいる。

足プレースタイル足

本人が「練習しているがなかなか上手くならない」と語るヘディング以外はストライカーに必要な能力を完璧に近いほど併せ持つ。身長もそこそこだがヘディングでボールに合わせようとする動きはあまり見られない。 トップスピードの状態でも維持できる柔らかいタッチ、鋭い切り返しと圧倒的なスピードでディフェンダーを置き去りにするドリブル突破、左右のどちらからも放たれる恐ろしいほどに正確なシュートが特長である。
瞬発力が異常なほど高く、彼の加速力は1メートルでトップスピードに持っていけるといわれるほど驚異的な速さを誇る。またトップスピードで一気に長距離を疾駆して単独でゴールを陥れることを可能にする、長時間の無酸素運動能力も高く評されている。レアル・マドリード、ACミラン両クラブで、短距離タイムチームナンバー1になっており、依然として世界最高レベルの加速力を誇っている。 また、鋼のように強靱なフィジカルも有しており、全盛期はユニフォームを掴まれようが数人に囲まれようが勢いが弱まる事はなく、ドリブル突破で相手選手を次々となぎ倒してしまう程であった。
フットサルで磨いた足元の技術は高く、元チームメイトのジネディーヌ・ジダンをして「ボールを持った彼は全てを可能にする」と言わしめる。ゴール前での冷静さやトラップ技術は群を抜いており、シュートするのに最適な位置にボールをコントロールする。シザーズフェイントの名手としても知られ、高速で大幅な重心移動を繰り返すその動きは(多くの場合)左に持ち出すことが分かっていながら止められないことでも有名。他にもエラシコや各種のフェイントも使うことがある。シュート時に蹴り足の膝下にボールを置いて蹴る特殊なフォームの持ち主であり(普通はまともに蹴ることすら難しい)、キーパーは間合いを外され反応出来ないまま自分の真横を転がるボールを見送る事も度々ある。また、ボールに対する反応も非常に素早く、キーパーが弾いたボールに誰よりも早くゴールに押し込むなど抜け目のなさも持っている。

実績では現役世界最高のストライカーであり、歴代で見ても最も偉大な選手の一人。史上最高のストライカーと評す声も少なくない。その超人的なプレーから「怪物」、「フェノーメノ(超常現象)」の異名をとる。

ひらめきコメントひらめき

3点とも怪物っぷりが出ていて良かったですね。
3点目は日本人だったら噴かしちゃうだろうなぁっていうシュートでしたね。

ロナウド好きとしてはこの調子で試合に出て、W杯に出てくれたらと思っています。

posted by ピペコ at 17:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

マイケル・ジャクソンの霊か!? CNNの問題映像がYouTubeに

マイケル・ジャクソンさんの幽霊が映りこんだとされる映像がYouTubeに投稿され、ネット界で騒然となっている。
問題の映像は米CNNの人気トーク番組「ラリー・キング・ライブ」で現地7月6日に生放送されたもので、マイケルさんがかつて所有していたカリフォルニア州「ネバーランド」の内部を映したもの。レポーターがプライベートゾーンへとつながるドアの説明をしていたところ、奥のリビングを影のようなものが横切っている。2ちゃんねるなどでは「まるでムーンウォークをしているようだ」という意見もあり、ネット界では、「マイケルがこの世に戻ってきた」と話題になっている。

 この映像はYouTubeにも投稿されており、全31秒の映像の17秒前後にその影の様子が映っている。「スタッフの影では」との指摘もあり真相はわかならないが、けっこう背筋を冷やしてくれる。

ひらめきコメントひらめき

不謹慎ですが幽霊は整形前のマイケル・ジャクソンか整形後のマイケル・ジャクソンのどちらなのでしょうか??
気分を悪くされた方ごめんなさいねふらふら

posted by ピペコ at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、レアル・マドリーにリベリー移籍交渉のタイムリミットを設定か

バイエルン・ミュンヘンは、フランク・リベリーの移籍問題でレアル・マドリーにタイムリミットを設定したようだ。ドイツの『ビルト』紙によると、バイエルンは7日、レアル・マドリーに対し「移籍金8000万ユーロ(約105億円)を支払うか否か、9日以内に返答するよう」通告した。同紙によると、「バイエルンは、この金額を最低ラインに設定しており、これが最後の交渉のチャンスになる」とのことだ。

 一方、チームメートもリベリーの去就がいち早く決定することを望んでおり、主将を務めるマルク・ファン・ボメルは、同紙とのインタビューで次のように述べている。

「これは、監督にとってもチームにとっても問題だ。できるだけ早く結論が出ることが望ましいし、バイエルンはこの問題に終止符を打とうとしている。移籍市場は8月31日まで開かれているが、チームがプレシーズンを開始する7月16日までには最終的な結論が出ていなければならないだろう」

足プレースタイル足

いわゆる「走るファンタジスタ」の代表格である。独力でのドリブル突破で数多くのチャンスを演出することができるほか、「周りを生かす」「周りに生かされる」ことの両方が可能な選手といえる。また攻撃的ポジションであれば、どこでもこなせる器用さも彼の魅力。サイドを切り裂きクロスを上げるという従来のウイングに対する固定観念を振り払った選手の一人であり、切り込んであげるクロスも良質だが、ポジションはウイングなのに並外れた運動量とビジョンを活かした絶妙なポジショニングで、PA内でセンターフォワードのように動いてゴールを奪うこともできる。そのほかトップ下の位置にいたり、ボランチの位置から仕掛けたりと、ウイングとは思えないことをやってのける。
フォワードの位置も得意とし、このポジションでもPA内で味方からのパスを受けドリブルで仕掛けるということはせず、1列下がって守備をする。それでいて相手DFからボールを奪ったり、味方と連携したりしてドリブルで仕掛け、アシストしたりゴールを決めたりする。どこに動けばいいか(オフ・ザ・ボール)を熟知していて、その一定のポジションにいることがない選手である。 守備でも献身的なプレーを見せ、ドイツワールドカップでは運動量の少ないジダンの守備力を補った。

それゆえベッケンバウアーやアンチェロッティ等からも賞賛がやまないほどの評価を受けている。


posted by ピペコ at 13:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

移籍のロナルド8万人が出迎え レアルが入団セレモニー

サッカー、スペイン1部リーグの名門レアル・マドリードに移籍加入した昨年の世界最優秀選手のクリスティアノ・ロナルド(ポルトガル)が6日、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで約8万人に迎えられて入団セレモニーを行った。  史上最高額の8千万ポンド(約129億円)で移籍した24歳のロナルドは、背番号9のユニホームを着てさっそうと登場。カカの入団イベントに集まった約5万人をはるかに上回る大観衆にあいさつし「最高にうれしい。レアルに来るという幼少からの夢がかなった。僕のためにこれだけ集まってくれるとは…。マドリード万歳」と晴れやかな笑顔を振りまいた。

 ロナルドはピッチ上に設けられた特別ステージで、得意のリフティングを披露。感極まって失敗し、苦笑いする場面もあった。また同クラブを代表する往年の名選手ディステファノ氏や元ポルトガル代表の大先輩エウゼビオ氏と抱擁を交わし、感無量の表情だった。

ひらめきコメントひらめき

入団セレモニーもカカと比べるんですね(笑)
背番号も「9」に決まってようやくレアルの一員になりましたね。

昨日のニュースで「レアル「在庫一掃セール」10人放出宣言」というニュースがありまして、
レアルで今まで頑張ってきた選手がかわいそうでなりません。

プロの世界でとは思いますが、レアルの場合は会長が欲を満たすためにやっているようにしか思えませんね。

あと2人はリベリーとシャビ・アロンソみたいですね。
10人の中にはフンテラール(ミラン)、スナイデル、ファンデルファールト 、ロッベン、トレンデ、ファン・ニステルローイが入っているようです。

サッカー関連記事
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20090706-514685.html

posted by ピペコ at 10:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

イングランド代表カペッロ監督「オーウェンはマンUで復活するかもしれない」

イングランド代表のファビオ・カペッロ監督は、チームに招集する可能性がある選手の現況をつぶさに見守っているようだ。そして、そのカペッロ監督が注目する選手の1人が、ニューカッスルからマンチェスター・ユナイテッド(マンU)へ移籍したばかりのFWマイケル・オーウェンだ。同監督は英国の『デイリー・ミラー』紙とのインタビューで、「オーウェンがユナイテッドで復活するかもしれない」とコメント。同選手の再起に期待を寄せた。

 カペッロ監督は、オーウェンのマンUへの移籍がイングランド代表にもたらす効果をこう説明している。
「オーウェンがユナイテッドクラスのビッグクラブでプレーすることは、代表チームにとってもプラスになるだろう。オーウェンがここで復活すれば、イングランドのFW陣の“活性化”にもつながるからだ。ユナイテッドはオーウェンの選手生活に“新風”を吹き込み、彼がイングランド代表として2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で母国に栄光をもたらすチャンスを与えてくれるかもしれない」

 だが、このカペッロ監督の発言はやや意味深だ。というのも、オーウェンを代表から遠ざけたのは、ほかならぬカペッロ自身だったからだ。カペッロ監督が代表の指揮官に就任してからというもの、オーウェンが代表戦に出場したのは、2008年3月に行われた親善試合フランス戦でのわずか45分間にすぎないのだ。

 とはいえカペッロ監督は、1998年W杯フランス大会以来、主力として代表に招集されていたオーウェンが当時のレベルを取り戻すことを確信しているようだ。同監督は、「オーウェンの実力を最大限に引き出せる人物がいるとすれば、それはユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督にほかならない」とも述べており、もしこれが現実のものとなれば、オーウェンの代表復帰も十分あり得るだろう。

足プレースタイル足

小柄な体格ながらも爆発的なスピードを持つ。ディフェンスラインの裏を驚異的なスピードで脱け出して得意の右足でゴールを決めるのが得意パターンであるが、FWに必要な他のプレー (エリア内での駆け引きやミドルシュートなど) は凡庸で、自らのスピードを発揮出来るカウンター以外ではあまり機能しにくいという欠点もある。 オーウェン移籍後のリヴァプールは、それまでのカウンター重視のサッカーからプレッシングサッカーへの移行を果たし、結果として2005年のUEFAチャンピオンズリーグ優勝などの実績を残している。

ひらめきコメントひらめき

オーウェンのいいニュースは久しぶりですねぇ
98年のW杯のアルゼンチンとの試合でのゴールは今でもよく憶えています。
あの試合はベッカムの退場などイングランドにとってはいい試合ではありませんでしたね。

同世代の選手のいいニュースはいつもテンションが上がり、自分も頑張らなきゃという気にさせられます。
マンUで成功してもう一度W杯に出場してほしいですね。

気になるのはリバプール、ニューカッスルのサポーターはいい気はしないということでしょうか。

posted by ピペコ at 09:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

俊輔移籍に刺激受けた!小野が活躍誓って出国

 ブンデスリーガ3季目のシーズンに向けて、ボーフムの元日本代表MF小野伸二(29)が26日、成田発の航空機でドイツへ旅立った。「3年目だしチームの中心として活躍したい。1年を通して活躍して、そのとき(W杯が)ついてくれば…」とW杯南ア大会への思いも口にした。4月18日に負傷した右ひざじん帯も完治し、真っ黒に日焼けした肉体が調整の順調さをうかがわせた。メンタル面ではエスパニョール移籍が決定した中村俊輔が刺激になった。「僕としてはそうなってほしいと思っていた。絶対活躍できるし(日本に)戻って来るのはもったいないと。今度、遊びに行きたいですね」と話した。

足プレースタイル足

「ボールと会話できる選手」と言われるほどテクニックの高さには定評があり、サッカー選手達から天才と賞賛される選手である。おそらく、現役日本人選手において、最も「天才」の名がふさわしい選手であろう。 利き足に持ち替えようとする動きはほとんど見られず、右足、左足遜色なく高い精度のシュートやボレー、クロスを蹴ることができる上、細かなボールタッチからみせる巧みなドリブルやワンタッチで相手をかわすなどのプレーを簡単にこなす。ダイレクトプレーの判断力が高く、ワンタッチ、ツータッチでテンポよくゲームをコントロールする。 自伝で述べているように、そのテクニックは少年期よりボールの1人壁打ちや、ボールリフティングにより磨かれたボールテクニックの賜物であり、様々な質のボールを無尽蔵に繰り出す力量は同世代の小笠原満男(鹿島アントラーズ所属)をして「なんなんだ、あいつは」(ユース時代の目撃証言)と言わせるほどである。
「豪快なシュートより技ありのシュートが好き」と話すように、ループシュートのようにキーパーの意表をつきタイミングを外すようなシュートが得意。ペナルティエリアの外からゴール隅をふわりと狙う独特のミドルシュートは、フェイエノールト所属当時月間ベストゴールにも選ばれている。きわめて客観的な視点から繰り出すラスト・パスは日本国内で「エンゼルパス」と呼ばれている。またそのベルベット織の絨毯のような柔らかな触感のボールタッチを評してオランダのメディアでは「ベルベット・パス」と評されていた。

オランダ移籍以前は、攻撃的ポジションであるトップ下でよく得点に絡んでいたが、フェイエノールトではチーム事情もあってボランチの位置で起用され、視野の広さを生かして「ベルベット・パス」とも称される正確なパスを供給しゲームを作った。このレジスタ的ポジションの経験はパスセンスに更なる磨きを掛けた。足元のテクニックが高い反面、運動量の少なさや守備面の課題が指摘されていたが、フェイエノールト時代のボスフェルトとの連携に見られるように、攻撃面はもちろん、守備面でも成長を見せた。

ひらめきコメントひらめき
怪我が多くてチームでも代表でも名前を聞くことが最近ありませんが、同世代としては復活してほしいと
心待ちにしています。

テクニック、視野の広さなど世界レベルではあるのですが、
やさしすぎるのかメンタルが少し弱い感じがします。

*厳しいコメントになってしまいましたが浦和に入団時、フェイエノールト、ボーフムすべてで応援しているだけに期待を込めてなので悪気はありません。

黄金世代(稲本、小笠原、本山、明神、宮本、柳沢、高原)の代表復活も期待したいものです。



posted by ピペコ at 10:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

主な新規加入選手・監督リスト(6月) 2009-2010シーズン

6月の移籍市場の主役は、何と言ってもレアル・マドリーだろう。フロレンティーノ・ペレスが会長に返り咲いた“白い巨人”は、かつての“銀河系軍団”の再現とばかりに大型補強を敢行。ミランからカカを史上3番目の移籍金となる6800万ユーロ(約93億円)で獲得すると、マンチェスター・ユナイテッドからは史上最高額の8000万ポンド(約127億円)でクリスティアーノ・ロナウドを手に入れた。無冠に終わった昨シーズンの悔しさを晴らすべく、ビジャレアルから引き抜いたマヌエル・ペジェグリーニ監督に新生レアル・マドリーを託す。

 同じく積極的な動きを見せているのは、昨季はボルフスブルクの後塵を拝し、2位に終わったバイエルンだ。シュツットガルトからマリオ・ゴメス、ハンブルガーSVからイビツァ・オリッチ、ヘーレンフェーンからダニエル・プラニッチと、攻撃的な選手の補強が目立っている。

 海外でプレーする日本人選手の中では、3人が新天地へと旅立った。セルティックで4シーズンを過ごした中村俊輔は、かねてあこがれていたスペインリーグへ。バルセロナとホームタウンを同じくするエスパニョルで新たなるチャレンジに臨む。
 フランスでは、松井大輔が1シーズンでサンテティエンヌを去り、グルノーブルへ移ることを決断した。フランクフルトの稲本潤一は、リーグアンのレンヌへ移籍。01年にアーセナルに加入して以来、7チーム目の海外クラブとなる。また、ボルフスブルクの大久保嘉人は、わずか半年で古巣の神戸へ復帰することとなった。

 6月末までに決定した、欧州における主な移籍選手は以下の通り。


■イングランド
<マンチェスター・ユナイテッド>
アントニオ・バレンシア ←(ウィガン/イングランド)
<リバプール>
グレン・ジョンソン ←(ポーツマス/イングランド)
<チェルシー>
カルロ・アンチェロッティ(監督)
<アーセナル>
トーマス・フェルメーレン ←(アヤックス/オランダ)
<フラム>
スティーブン・ケリー ←(ストーク・シティ/イングランド)
<ウェストハム>
ルイス・ヒメネス ←(インテル/イタリア)
<マンチェスター・シティ>
ギャレス・バリー ←(アストン・ビラ/イングランド)
ロケ・サンタクルス ←(ブラックバーン/イングランド)
スチュアート・テイラー ←(カーディフ・シティ/イングランド)
<ウィガン>
ヨルディ・ゴメス ←(スウォンジ・シティ/イングランド)
ロベルト・マルティネス(監督)
<ボルトン>
ショーン・デイビス ←(ポーツマス/イングランド)
<ブラックバーン>
ラース・ヤコブセン ←(エバートン/イングランド)
エルリオ・ファン・ヘールデン ←(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
<サンダーランド>
スティーブ・ブルース(監督)
<バーミンガム>
クリスチャン・ベニテス ←(サントス・ラグーナ/メキシコ)
ジョバンニ・エスピノサ ←(バルセロナ/エクアドル)
<バーンリー>
タイロン・ミアーズ ←(マルセイユ/フランス)

■イタリア
<インテル>
ディエゴ・ミリート ←(ジェノア/イタリア)
チアゴ・モッタ ←(ジェノア/イタリア)
ロベルト・アクアフレスカ←(カリアリ/イタリア)
<ユベントス>
ファビオ・カンナバーロ ←(レアル・マドリー/スペイン)
ジエゴ ←(ブレーメン/ドイツ)
<ミラン>
イグナツィオ・アバテ ←(トリノ/イタリア)
ダビデ・ディ・ジェンナーロ ←(レッジーナ/イタリア)
ジャンマルコ・ジゴーニ ←(トレビーゾ/イタリア)
レオナルド(監督)
<ジェノア>
エルナン・クレスポ ←(インテル/イタリア)
セルジオ・フロッカリ ←(アタランタ/イタリア)
ペレ ←(インテル/イタリア)
<ローマ>
ステファノ・グベルティ ←(バーリ/イタリア)
<ウディネーゼ>
ベルナルド・コッラーディ ←(レッジーナ/イタリア)
<ラツィオ>
エリセウ ←(マラガ/スペイン)
アルバノ・ベンハミン・ビサーリ ←(カターニア/イタリア)
ダビデ・バッラルディーニ(監督)
<アタランタ>
シモーネ・ティリボッキ ←(レッチェ/イタリア)
アンジェロ・グレグッチ(監督)
<ナポリ>
ファビオ・クアリャレッラ←(ウディネーゼ/イタリア)
モルガン・デ・サンクティス ←(ガラタサライ/トルコ)
<サンプドリア>
ルイジ・デル・ネーリ(監督)
<シエナ>
フランチェスコ・パッラビチーニ ←(アタランタ/イタリア)
<カターニア>
ジェンナーロ・デルベッキオ ←(サンプドリア/イタリア)
ジョゼッペ・ベルリッシ ←(アスコリ/イタリア)
アンドレア・カンパニョーロ ←(レッジーナ/イタリア)
ジャンルカ・アツォーリ(監督)
<バーリ>
ジャン・ピエロ・ベントゥーラ(監督)
<パルマ>
マヌエル・コッポラ ←(シエナ/イタリア)

■スペイン
<レアル・マドリー>
クリスティアーノ・ロナウド ←(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
カカ ←(ミラン/イタリア)
ラウル・アルビオル ←(バレンシア/スペイン)
マヌエル・ペジェグリーニ(監督)
<アトレティコ・マドリー>
フアニート ←(ベティス/スペイン)
レアンドロ・カブレラ ←(デフェンソール・スポルティング/ウルグアイ)
<バレンシア>
ジェレミー・マテュー ←(トゥールーズ/フランス)
<デポルティボ>
ジュカ ←(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
ブラヤン・アレクシス・アングロ ←(レイソエス/ポルトガル)
<マラガ>
フアン・ラモン・ムニス←(ラシン/スペイン)
グスタボ・ムヌーア ←(デポルティボ/スペイン)
<エスパニョル>
中村俊輔 ←(セルティック/スコットランド)
ベン・サハル ←(チェルシー/イングランド)
ジョアン・ベルドゥ ←(デポルティボ/スペイン)
<アルメリア>
ファビアン・バルガス ←(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
<ラシン>
ファン・カルロス・マンディア(監督)
<ビルバオ>
ディアス・デ・セリオ ←(ソシエダ/スペイン)
<スポルティング・ヒホン>
アルベルト・リベラ ←(ベティス/スペイン)
グレゴリー・アルノラン ←(ビトリア・ギマランエス/ポルトガル)
<バジャドリー>
アントニオ・バラガン ←(デポルティボ/スペイン)
<ヘタフェ>
マネ ←(アルメリア/スペイン)
<サラゴサ>
ペテル・リュクサン ←(ラシン/スペイン)

■ドイツ
<ボルフスブルク>
アルミン・フェー(監督)
トーマス・カーレンベルク ←(オセール/フランス)
<バイエルン>
マリオ・ゴメス ←(シュツットガルト/ドイツ)
イビツァ・オリッチ(ハンブルガーSV/ドイツ)
ダニエル・プラニッチ(ヘーレンフェーン/オランダ)
エドソン・ブラーフハイト ←(トゥエンテ/オランダ)
アナトリー・ティモシュク ←(ゼニト・サンクトペテルブルク/ロシア)
アレクサンダー・バウムヨハン ←(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
ルイス・ファン・ファール(監督)
<ハンブルガーSV>
ブルーノ・ラバディア(監督)
<ドルトムント>
ディミタル・ランゲロフ ←(コットブス/ドイツ)
<ホッフェンハイム>
フランコ・スクリーニ ←(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
マイコスウェル ←(ボタフォゴ/ブラジル)
ヨシップ・シムニッチ ←(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
<シャルケ04>
フェリックス・マガト(監督)
<レバークーゼン>
ユップ・ハインケス(監督)
サミ・ヒーピア ←(リバプール/イングランド)
<ブレーメン>
マルコ・マリン ←(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
マルセロ・モレノ・マルティンス ←(シャフタル・ドネツク/ウクライナ)
<ハノーファー96>
カリム・ハギ ←(レバークーゼン/ドイツ)
<ケルン>
ズボニミール・ソルド(監督)
<フランクフルト>
ミヒャエル・スキッベ(監督)
<メンヘングラッドバッハ>
ファン・アランゴ ←(マジョルカ/スペイン)

■フランス
<ボルドー>
セドリック・カラッソ ←(トゥールーズ/フランス)
<マルセイユ>
ルイス・ゴンサレス ←(FCポルト/ポルトガル)
ディディエ・デシャン(監督)
<リヨン>
サンディ・パイロ ←(グルノーブル/フランス)
<トゥールーズ>
ヨアン・プレ ←(ル・マン/フランス)
パウロ・マシャド ←(サンテティエンヌ/フランス)
<リール>
ピエール・エメリク・オーバメヤン ←(ディジョン/フランス)
ミカエル・ランドロー ←(パリ・サンジェルマン/フランス)
<パリ・サンジェルマン>
グレゴリー・クーペ ←(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イ・グノ ←(ジュビロ磐田/日本)
<レンヌ>
稲本潤一 ←(フランクフルト/ドイツ)
フレデリック・アントネッティ(監督)
<オセール>
アレクサンドル・リカタ ←(モナコ/フランス)
<モナコ>
ジミー・トラオレ ←(バーミンガム/イングランド)
ギー・ラコンブ(監督)
<グルノーブル>
松井大輔 ←(サンテティエンヌ/フランス)
ダビド・ソージェ ←(サンテティエンヌ/フランス)
<ル・マン>
ディディエ・オボノ ←(ディナモ・トビリシ/グルジア)
パウロ・ドゥアルテ(監督)

■オランダ
<AZ>
ロナルト・クーマン(監督)
<トゥエンテ>
ニッキー・カイペル ←(フィテッセ/オランダ)
<アヤックス>
マルティン・ヨル(監督)
<PSV>
オルランド・エンゲラール ←(シャルケ04/ドイツ)
フレッド・ルッテン(監督)
<ヘーレンフェーン>
ミハル・パパドプロス ←(ムラダー・ボレスラフ/チェコ)
<ユトレヒト>
ヤン・ワイテンス ←(ヘラクレス/オランダ)

■ポルトガル
<FCポルト>
アルバロ・ペレイラ ←(クルージュ/ルーマニア)
マイコン ←(クルゼイロ/ブラジル)
<スポルティング・リスボン>
マティアス・フェルナンデス ←(ビジャレアル/スペイン)
<ベンフィカ>
ハビエル・サビオラ ←(レアル・マドリー/スペイン)
ホセ・アルベルト・シャフェル ←(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
パトリック ←(サン・カエターノ/ブラジル)
ジョルジュ・ジェスス(監督)
<スポルティング・ブラガ>
アンヘロ・ペーニャ ←(エストゥディアンテス・デ・メリダ/ベネズエラ)
フェルナンド・アレクサンドレ ←(エストレラ・ダ・アマドーラ/ポルトガル)
ドミンゴス・パシエンシア(監督)

■スコットランド
<セルティック>
トニー・モウブレイ(監督)
<アバディーン>
マーク・マッギー(監督)
<ダンディー・ユナイテッド>
クリス・ケースメント ←(ウィコム・ワンダラーズ/イングランド)
<ハイバーニアン>
ジョン・ヒューズ(監督)

■ロシア
<ルビン・カザン>
ラファル・ムラブスキ ←(レフ・ポズナニ/ポーランド)

■ウクライナ
<ディナモ・キエフ>
レアンドロ・アウメイダ ←(アトレティコ・ミネイロ/ブラジル)

■トルコ
<ガラタサライ>
ギョクハン・ザン ←(ベシクタシュ/トルコ)
フランク・ライカールト(監督)
<フェネルバフチェ>
メフメト・トプズ ←(カイセリスポル/トルコ)
<トラブゾンスポル>
ウーゴ・ブロース(監督)
<ベシクタシュ>
ミヒャエル・フィンク ←(フランクフルト/ドイツ)
ニハト ←(ビジャレアル/スペイン)

■ギリシャ
<パナシナイコス>
ジブリル・シセ ←(サンダーランド/イングランド)
コスタス・カツラニス ←(ベンフィカ/ポルトガル)
<オリンピアコス>
オロフ・メルベリ ←(ユベントス/イタリア)
<PAOKサロニカ>
ブルーノ・チリッロ ←(レッジーナ/イタリア)

■セルビア
<レッドスター・ベオグラード>
ブラディミール・ペトロビッチ(監督)
<パルチザン・ベオグラード>
ムラデン・クルスタイッチ ←(シャルケ04/ドイツ)

■クロアチア
<ディナモ・ザグレブ>
ディミトリオス・パパドプーロス ←(レッチェ/イタリア)

■ルーマニア
<ステアウア・ブカレスト>
クリスティアーノ・ベルゴディ(監督)
<ディナモ・ブカレスト>
ダリオ・ボネッティ(監督)

■ハンガリー
<フェヘールバール>
ローター・マテウス(監督)

■スイス
<ルツェルン>
ハカン・ヤキン ←(アル・ガラファ/カタール)

■アルゼンチン
<ボカ・ジュニアーズ>
アルフィオ・バシーレ(監督)

■カタール
<アル・ガラファ>
ジュニーニョ・ペルナンブカーノ ←(リヨン/フランス)

■ウズベキスタン
<ブニョドコル>
ルイス・フェリペ・スコラーリ(監督)

posted by ピペコ at 15:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また超大物獲り!仏代表ベンゼマもレアルへ

サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードがフランス代表FWベンゼマ(22)をフランス1部リーグのリヨンから獲得したと1日、スペインのメディアが報じた。移籍金は3500万ユーロ(約47億円)。

 レアル・マドリードは今オフ、ブラジル代表のカカやポルトガル代表のロナルドら大物選手を次々と獲得している。

足プレースタイル足

豪快なシュートと繊細な技巧を兼ね備えたフォワード。
センターフォワード(CF)の他にも右ウイング(RWF)として機能する。シュート力は世界トップレベルで、また恐れを知らない豪快な突破はチームにとっても大きな武器である。このプレースタイルから、「ダヴィド・トレゼゲの後継者」と呼ばれる。

CFでありながら「ジダンのようだ」と絶賛されるボールスキルも彼の武器の一つである。
セカンドトップの位置からドリブルで仕掛ける形を最も得意とし、豪快なミドルシュートも決める。また、視野の広さとゲームコントロールの能力もあることから"9.5番"(ストライカーである9番とゲームメイカーである10番の中間)と元ACミランのストライカー、マルコ・シモーネはコメントしている。子供のころからのアイドルはロナウドで、自宅には無数のヴィデオを所有する。ルーニーやロナウドの様なことをやってのけるほか、典型的CFのようなダイレクトプレーも得意で、プレーに柔軟性がある選手である。
手の使い方がうまく、易々とボールを献上しない。
かつてリヨンのストライカーで現FWコーチのソニー・アンデルソンはベンゼマについて「ポジショニング、プレッシングにおける冷静な判断力について完璧な才能を持っている」と2007年10月にコメント。ミシェル・プラティニも「ベンゼマの凄さはフィジカルでなくインテリジェンスにある」「ロナウド(元ブラジル代表)は、もはや古いタイプのストライカーと呼ばざるを得ない」とコメントするほど、その明晰さも評価されている。

ひらめきコメントひらめき
レアルですか〜右斜め下
個人的にはマンUに入ってカントナみたいになってほしかったなぁ
レアルは好きなんだけど、レアルのフロントのやり方は好きになれないなぁ
リベリーもレアルにいきたいって言っているみたいだし。。。

posted by ピペコ at 09:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今、流行っているみたいですね喫煙
ボクはタバコをやめて数年経ちますが、禁煙は最初は苦しかったです。
でも今思うとやめてよかったと思いますひらめき

それは吸っているときはおいしくタバコを吸うためにご飯を食べたり、
体調は悪くなりやすいし、風邪をひいたらメンソールを吸うなんてことをしていましたふらふら

今、考えると体によくないことをお金を払ってしていたことに
気がつきました。

電子たばこは吸い込むと水蒸気が発生し、実際に煙が吐き出せ、
擬似的にタバコを吸っている感覚になるものです。

結局は本人の意識次第で、何も使わずに禁煙できるのが一番
いいことなのですが、少しでも禁煙の手助けになるのならと思い 電子タバコをオススメしましたわーい(嬉しい顔)

いろいろな電子タバコサイトを調べて見ましたが安いものは変な味がしたり煙があまり出ないそうですよ手(パー)

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット

電子タバコ「Simple …

¥10,815(税込)

「シンプルだから低価格」「シンプルだからエコ」日本でも新たなブームとなった電子タバコを、より手軽に皆様にお届け…

電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セット電子タバコ「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット 本体+カートリッジ30本セットをカートに入れる


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。